MENU

カードローンの審査内容:属性

カードローンでお金を借りたい、借りられないと困る!という時もあると思います。それでもこちらが借りたくても、貸してくれる先がなければ必要なお金を工面することもできません。

 

カードローンの申込みをすると、貸し手側は必ず審査を行います。その人の返済能力や信用情報を調査するのですが、貸したお金を確実に返済してくれるかの確認作業となります。

 

そんな審査において、金融会社はどんなことを調べるのか気になりますよね?申込みをする前にその点については知識として把握しておきたいものですね。
チェックする事柄は、大きく分けて上記でも触れたように「返済能力の有無」と「信用情報」ということになります。

 

信用情報に関しては、個人信用情報調査機関にて照会をします。国内には3つの信用情報機関があり、その内のいずれかを利用しています。それぞれ情報の共有はしているので、どこに事故情報が登録されていたとしても分かるようになっています。

 

 

属性を調査する

審査で調査する返済能力の有無については、「属性」を調査することにより判断されています。属性とは、その人の個人的な情報のことですが、まず年収や職業に関することを調査します。その人の返済能力を知る為には、どのくらいの年収を得ているのか、どんな会社に勤めていて、雇用形態はどうなのか、勤続年数はどのくらいかなどをチェックします。その際に正規採用と非正規採用では大きな違いがある他、安定した公務員という職業や、大きな会社に勤めている人や公務員は有利になります。

 

住んでいるところも審査でチェック!

またその人はどんな所に住んでいるかということも、属性としてチェックされます。持ち家に住んでいる人と賃貸物件に住んでいる人とでは信用度が違います。持ち家に住んでいる人は、万が一返済に困ったとしても、簡単に家を捨てていなくなる訳にはいきません。

 

また家族と同居しているのかどうかもチェックされます。実家暮らしの人は生活費にお金が掛からないこともあり、給料を自由に使えるので、返済に回すお金があると判断されます。

 

単身者は家族を持っている人よりも属性が良いと言われています。その理由も上記のように自分一人でお金を使えるため、返済能力があると見られます。

 

このような情報は個人情報ではありますが、審査に必要な情報なので申込み書に正直に記入する必要があります。ウソを書いて後でそれがバレた場合、心証が悪くなるので要注意です。

 

このような情報は点数化されて、「スコアリング」という方法で審査されます。このようなシステムを採用した為に審査を迅速に行うことができるようになっています。そのために即日審査も可能になっているのです。