MENU

家電量販店で働くアルバイトの時給と勤務内容

比較的時給が高いアルバイトで、特別な資格などが必要のないものとして、家電量販店で働くアルバイトがあります。

 

家電は新しいものがどんどんと出てきますし、テレビなどでもしばしば取り上げられることが多く人気であるため、家電量販店は休みの日になると多くの人で賑わっています。

 

基本的には、店頭で接客することが仕事になりますので、人との会話が好きではないという人には不向きかもしれません。

 

また、家電のことについてお客さんに説明する必要があるため、家電に関する知識もある程度は必要となるでしょう。

 

家電量販店の気になる時給は

家電量販店で働くアルバイトの気になる時給は、1,000円から1,800円ぐらいというケースが多いですが、場合によっては歩合制が導入されているところもあります。

 

一般的な他のアルバイトと比較すれば、やや高めという水準になるでしょう。

 

土日や祝日などの休みの日は特にお客さんが多くなりますので、休みの日に勤務できる人は重宝されることが多いです。

 

休みの日限定でアルバイトをしているというサラリーマンの人もいます。

 

仕事は忙しく残業が当たり前のような実態があり、アルバイトの人でも残業するというケースは珍しいことではありません。

 

アルバイト情報サイトや求人誌に掲載されている求人数は多いので、探しやすい仕事となっています。

 

家電量販店での勤務内容

家電量販店での仕事は、お客さんに家電の説明をしたり在庫の検品をしたりという内容が主になります。

 

アルバイトが担当する部分はあらかじめ決まっていますので、まずは担当する部分についてしっかり押さえることが重要となります。

 

ただし、お客さんは担当範囲に関係なく聞いてきますので、担当外の売り場についても商品の場所ぐらいの情報は知っておく必要があります。

 

自分がお客さんとして買い物をする時には、値引き交渉をするという人も少なくないでしょうが、アルバイトは値引きの権限がないことがほとんどです。

 

値引きについては社員に相談して決めるというやり方がメジャーでしょう。

 

家電量販店に来るお客さんの中には、クレーマーの人がいたり、話が通じにくい人がいたりしますので、ストレスを感じることも多い仕事です。

 

また、どの仕事でも同じではありますが、同じ職場の社員が良い人であれば働きやすく、そうでなければストレスが溜まりやすくなります。

 

家電の購入で有利になるか

家電の購入の際に、安く手に入れることができるという話を聞いたことがある人もいるでしょうが、実際にそういう事例はあります。

 

ただし、安くなるのは型落ちの製品であることが多いです。

 

売上のために商品を購入してほしいと依頼がくることもありますが、無理に購入しなければならないということはありません。

家電量販店で働くアルバイトの時給と勤務内容記事一覧

カードローンでお金を借りたい、借りられないと困る!という時もあると思います。それでもこちらが借りたくても、貸してくれる先がなければ必要なお金を工面することもできません。カードローンの申込みをすると、貸し手側は必ず審査を行います。その人の返済能力や信用情報を調査するのですが、貸したお金を確実に返済してくれるかの確認作業となります。そんな審査において、金融会社はどんなことを調べるのか気になりますよね?...